バックナンバー

保険の必須情報

婦人科系統の罹患率が原因

保険会社に女性が多いわけ

保険会社で働く人たちとは

保険会社には女性が多いというイメージを持つ方は多いことでしょう。昭和時代のバブル期の日本において、女性の社会進出は大きく前進しましたが、その頃から増えたのが保険会社での女性営業職員です。所謂セールスレディーと呼ばれる人々で、家庭を個別に訪問して家で家計を握る主婦相手に営業活動をするスタイルが確立されました。実際に現代でも地域での営業活動は女の人をターゲットに職員にならないかと勧誘します。ではどうして保険会社には女の人がすすんで雇われるのでしょうか。それは働く時間やその給料によるところが大きいのです。保険会社の営業職員は子供を持っている主婦だった方が多く、彼らは男性に比べると時間に制限がかかりがちです。子供が保育園や小学校へ行っている間でしか働くことが出来ず、子供の病気や学校行事は休みを取る必要があります。一般的な事務職などでは仕事と時間のやりくりが難しいでしょうけれど、営業職員であればそこに縛りがあまりありません。時間外に働くとしても時間内に働くとしても、結果として成果を残せばそれで問題がないので、保険の営業はやる気があるけれどそんなに時間がないという母親たちにぴったりの仕事なのです。

↑PAGE TOP